2006/01/25からの
ユニークアクセス数

アニメ生活

アニメのレビューや日記を、アイコンマンガ形式で更新しています。 お気軽に、トラックバック・コメント・リンクして下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「いや~、電話の一報を聞いて泣き出す奥さんを見て、あたしゃもらい泣きしそうになったね」
「さて、『ひょっこりひょうたん島の歌』が最後にながれるのは、想定の範囲内でした」
「でも、
『ひょっこりひょうたん島の歌』が、前編では死者を送るためにながれたのに対し、
後編の最後は、生者を励ますためにながされるとはねー」

「つまり、あの歌は、死んでしまった者のためというより、生き残った者のためであったわけですね
本郷三佐は、両方の意味を込めて歌っていたかもしれませんね」
「でもあいつ、一緒に事故った時の葬式にはでれなかったんだよな?
なんで、あの歌を選曲できたんだろうな。

まあいいや、
カラオケで、主人公が楽しんで歌っているというよりは、つらさを吹き飛ばそうと歌っているカットが、この歌の意義を表してると思う」
「後から聞かされたんですよ、きっと。

カラオケに居合わせた全員が、あの歌の深意を理解し得たのか微妙ですよね」







「例え、歩けなくなっても、目が見えなくなっても、

人には何かやれることが必ずあるはずですから」
「内田さんにとっては、戦闘機パイロットになる道が閉ざされても、救難隊をやる道がありました」

『救難隊がやれるんだから、いいじゃないか』『できないことより、できることに目を向けろ』ってことだな」

「というか、このセリフを言わすために、内田パパは歩けない設定になったのか~?






追記2006/02/20
「今気付いたんだけどさ」
「はい?」
「機付長が首つったってエピソード出てくるじゃん」
「整備の仕事も楽じゃないですよね」

「これって、このエピソードを語るために、
前回、めぐみっちが車すったというか、すらされたんだよな?

めぐみっちもとんだ道化よのう~」
「・・・・・・・・・・
せめて構成と演出の妙と言って下さいよ」






「関連記事です」
よみがえる空/Rescue Wings 第06話 「Bright Side of Life(前編)」
よみがえる空/Rescue Wings 第05話 「必要なこと」
よみがえる空/Rescue Wings 第03話 「苦しい仕事」
「こっちが『よみがえる空』の脚本家、水上清資が関わった作品の記事」
光と水のダフネ
ちっちゃな雪使いシュガー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/05(日) 03:30:44 | | #[ 編集]
ご指摘ありがとうございます
わざわざ、「管理人のみ閲覧」でコメントして下さってありがとうございます。

ぶっちゃけ、オープンでいいから。
最新のコメントに出てこないから、危うく見逃すところでした。
小生、恥かくのには「慣れてます」ので、伏せずにコメントして下さって良いですよ。


本郷三佐、葬式に参列してたんですね。
見事に見逃してました。

いや~、野郎なんてアウトオブ眼中でしたから、ついつい。
2006/03/05(日) 09:32:49 | 清造 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。