2006/01/25からの
ユニークアクセス数

アニメ生活

アニメのレビューや日記を、アイコンマンガ形式で更新しています。 お気軽に、トラックバック・コメント・リンクして下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「今回タイトルにもある『必要なこと』とは何なのか。
私は最初、『仲間を信頼すること』か、『仲間の進言を聞く心』かな、と思っていました」
「しかし、キーは彼女へのメール」
「最初のメールには『自分なりに精一杯』と書いています。
もちろん、手紙の後に『仲間を信頼すること』『仲間の進言を聞く心』ができてないことが表現されてる箇所は幾つもあります」
「しかし、その『仲間を信頼すること』ができない事の根本原因が、別にありました」
「それは、『自分の未熟を実感・自覚すること』だったのです」
「だから、自分の力を過信して、メディックの訓練(山登り)で、老夫婦に抜かれてしまったり、
自分の力量以上の存在を認識できず、悪天候でヘリが崖に近づけないはずだと、思いこんだり」
「つまり、『自分の限界点が、他人も同じ当たりが限界点だ』と、無意識に勘違いしてるんですね」
「これは、訓練に一緒に参加したメディックの隊員から、『なるほど、救難パイロットになる人はチャリから違うと思いましたよ』といったことも同じテーマにそっている」
「つまり、メディックの隊員の方は、目標というか視野が、救難パイロットしか見えてなかったのに対し、
主人公は、もっと競争率の険しい飛行機のパイロットを見ていたわけです。
これは、自分がこう思うなら、相手もそのはずと勘違いしてる例のメディック隊員バージョンです。
同様に、整備のお姉さんが『獅子は我が子を云々』と話し、そのすぐ後の鬼軍曹が娘に激甘なシーンが表現されました」
「ていうか、老夫婦に抜かれた主人公ワロス」
「そして、最後のメールで『俺はまだまだです』で今回は終わります」
「つまり、己の未熟を自覚したということやね」
「今回の脚本は、そういった点をテーマにして書かれたのではと、推測しましたが、
皆さんは如何でしたでしょうか?」
「話のおもしろさを一番左右するのは、脚本と言って良いと思う。
だから、この作品は、おおいに期待している」
「次回も楽しみです」

よみがえる空(amazonリンク)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 今回の話は敢えて明確な答えを見せずに見た人が感じた”必要なこと”を思い描かせる回だったと思います。だから色々なブログに行くと答えの方向性が似ているけど、違っていて面白いですw
 清造さんのブログは細かく描写を見ての考察が書かれていて非常に興味深く見られました。
 方向性が滅茶苦茶で答えを視聴者に丸投げする作品もありますが、こういった答えを問いかける作品はいいですね。
 次も楽しみに見させて頂きますw
2006/02/07(火) 02:54:32 | のすけ | #bYEK.TUw[ 編集]
こんにちは
のすけさん、コメントありがとう御座います。

劇中では、わざと的確な単語やストレートな表現を避けてたようで、
そういった、部分を言葉に変換するのが難しいです。

ですので、今回、私の感じたことを、的確に表現するのが難しく、
正直、ちゃんと伝えられたか不安でした。


>色々なブログに行くと答えの方向性が似ているけど、違っていて面白いですw

確かに、私と全く同じな考えの人は、見あたりませんね。
多分、主人公の彼女の仕事風景も、何らかのテーマに沿った描写がなされている物と思えますが、分析していません。

アニメは1から作る物なので、必要な所しか作られません。
そう考えて私は、アニメで流れるあらゆるカットやシーンの意図を思って鑑賞しています。

特に、「よみがえる空」はシステマティックな作りなので、「映像以上の部分」で楽しめます。
2006/02/07(火) 03:16:59 | 清造 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。