2006/01/25からの
ユニークアクセス数

アニメ生活

アニメのレビューや日記を、アイコンマンガ形式で更新しています。 お気軽に、トラックバック・コメント・リンクして下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「んっ、あっあれっ?」
「どうしました?
また、録画失敗とかしましたか?
「知らない内に、テレ玉のデジタル放送が入るようになってる
「HD・DVDレコーダーの更新履歴を見ますと、今月の15日に入るようになったようです。
これまでのゴーストやノイズとは、おさらばってことになりますよね?」
「ん~~、う~~~?」
「煮え切らない返事ですねぇ。
ハーレムアニメの優柔不断な主人公のマネしたって、
女の子は寄ってきませんよ

「いちおう、あたしの設定、女なんだけどね

そんな設定はどうでも良いですから
高画質環境になったことをもっと喜びましょうよぉ」

なんか色々喜べない言い方だが
まあ、なんで素直に喜ばないのか、説明しよう」

デジタルの方は、やっぱりゴーストやその他のノイズがありません。
アニオタにとってはまさに天国。
何が不満なんでしょう」



「まず、コピーワンスのプロテクトが致命的。
二次編集というか孫編集が出来ない。

つまり、最初の編集が最終形なんだよな。
しかも、別の機器で見るには、その編集をしなければならない。
それは例えば、レコーダーで録画した番組を、PCやプレステ2など別の端末で見たい時に発生する」
「それは困りましたねぇ。

最近の氾濫するアニメに対抗するため、ご主人様のお姉様と協力・分担して録画してます。
つまり、いずれ必ずお姉様の方に録画した番組を持っていくので、編集作業をいつまでも保留にしておけないんですよね」



「というか、どうあがいても、プレステ2で再生する事は出来ないんだよねぇ」
「それって、さっきの例えにあげたの間違えなんじゃ・・・・」
「基本的に、我がHD・DVDレコーダーで録画した番組を、別の端末で視聴したい時、
DVDに書き込んで、DVD伝いにデータを渡すしかない

「まあ、外部出力で、別の録画装置に録画し直すという荒技もありますけどね

大概、その方法は画像安定装置に迂回させないと、上手く行かないモノでございますが」
「それやると、折角デジタルで保存されたデータを、一端アナログに変換し直して、ケーブル通すから、
その時にノイズ乗ったりとか、結局画質劣化するんだよなぁ
「それで、プレステ2で再生する為には、DVDでやるしかないのに、
それが出来ない理由は何なんです?」
「うむ、このDVDに書き込むのも、書き込む形式・フォーマットに2種類あるんだ。
プレステ2はその片方の形式しか再生できない」

「しかも、コピーワンスプロテクトのかかった番組は、プレステ2が再生できない方の形式でしか、DVDに書き込めない
「ええっと、確か2011年にはデジタル放送だけになるんでしたよね?」
「その予定らしいな。
現在、デジタル放送番組のほぼ全てがコピーワンスだ
また、古いDVDプレイヤーは、プレステ2と同じように再生できないんじゃないかな」


「整理してみます。
デジタル放送の問題点は、
1、一度しか編集できない
2、対応機器でないと再生できない
こんなところでしょうか」

「3、コピーやバックアップができない
もあるぞ。
これは、友達や家族に貸す時、マスター版しか渡せない事になるし、DVDが壊れたら終わりだ」

逆に、アナログ放送だと、これらの制限がない。
何度でも編集できるし、プレステ2でも再生可能だし、コピーやバックアップも思いのままだ
「どっちで、録画するか悩みますねぇ。
いっそのこと、アナログとデジタル両方で録画したらどうです?

うん。そうする
「ただし、裏番組があるときは、それができないんだよなぁ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。