2006/01/25からの
ユニークアクセス数

アニメ生活

アニメのレビューや日記を、アイコンマンガ形式で更新しています。 お気軽に、トラックバック・コメント・リンクして下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「くうっ、あたしがまだゲームでやってないとこのシーンだ。
かなり進めたつもりだったのに・・・・・・」
「鬼隠し編も最初に惨劇のシーンがありましたが、
これは原作もアニメも同じでした」
「しかし、綿流し編は原作では冒頭に惨劇シーンはなく、
アニメでは惨劇シーンがあったよ、おい、どうなってるの?」

鬼隠し編冒頭の惨劇シーンは、作品全体の方向性を示すためにありました。
ですから原作では、最初の鬼隠し編に惨劇シーンを見せたわけです。
既に鬼隠し編冒頭で方向性を示しましたので、
綿流し編で改めて、方向性を示すような惨劇シーンを入れなかったものと推測します」
「問題は、アニメでは何故、最初に惨劇シーンが入ったのかだが」
「それは多分、アニメ特有の30分しばりだったのが原因かと思います。
つまり、30分の間に、怖い描写を入れたかったが、
この綿流し編では原作通りに話を進めてくと、どうしても怖い描写にまで到達できないため、
策として、冒頭に人の興味を引く怖い描写を持ってきたモノと推測します」
「まあ確かに、原作は30分しばりなんてないからなぁ。
両方とも同じように冒頭に惨劇シーンを持ってきてるが、その役割は微妙に違うわけだ」




20060505103823.jpg
「あの髪型、梨花さんでしょうか」
「『・・・・・・・・』」
「なんか包丁でザクザクやってますよぉ」
「『あははははは』」
「なに、魅音さんのマネしてるんですか」

「いやぁ、最初何やってるのか解らなかったけど、自分に向けて包丁刺してたのな。
血ぃ出過ぎだろ、あれ」
「位置からして、首のあたりでしょうか」

「まあなんだ、あの顔はとても同一人物とは思えないよな?
「カルタ大会は、短くするため制作者の苦心の跡が感じられるかと」




20060505103937.jpg
「胸のあたりが良い感じだね。
肩の露出もすげーぜ」
「しかし、あれはメイド服とは認められません」
「あれはメイドでなく、ウェイトレスでございます」

「いやぁ~、ひぐらしで、色気を感じるとは思わなかったよぉ
「まあ、魅音さんは可愛かったですね」

特に、胸のあたりが魅力的
「・・・・・・・」




20060505104021.jpg
「もうちょっと、不良にからまれた時のエピソードは、演出頑張って欲しかったな」

「やっぱり、リーゼントはギャグにしかみえませんよね
「しかし、バイクを倒した理由は自然なかたちに修正されてございました」
「他には、どの時が魅音さんで詩音さんだったのか、わかりやすいセリフにしてましたね」
「魅音詩音の声の使い分けは、予想してたが流石だった」
「野太い声が出て、可愛い声も出来る人って貴重ですよね」
「原作でも思ったけど、指鳴らしてかなだらいが落ちてくるのはどうかと思うぞ」

「今回、何と言っても圭一さんの『お持ち帰り~』あたりはキモかったですね。
次回も楽しみです」


「関連記事です」
ひぐらしのなく頃に 第4話 「鬼隠し編 其ノ四 歪」
ひぐらしのなく頃に 第3話 「鬼隠し編 其ノ参 疑心」
ひぐらしのなく頃に 第2話 「鬼隠し編 其ノ弐 隠しごと」
ひぐらしのなく頃に 第1話 「鬼隠し編 其ノ壱 ハジマリ」
「こっちがamazonDVDリンク」
ひぐらしのなく頃に 第1巻 初回限定版  ひぐらしのなく頃に 第1巻 通常版
ひぐらしのなく頃に 第2巻 初回限定版  ひぐらしのなく頃に 第2巻 通常版
ひぐらしのなく頃に 第3巻 初回限定版  ひぐらしのなく頃に 第3巻 通常版
ひぐらしのなく頃に 第4巻 初回限定版  ひぐらしのなく頃に 第4巻 通常版
ひぐらしのなく頃に 第5巻 初回限定版  ひぐらしのなく頃に 第5巻 通常版
「こちらがひぐらしのなく頃に amazon書籍リンクです」
「アニメのオープニングも良いよね」
>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。