2006/01/25からの
ユニークアクセス数

アニメ生活

アニメのレビューや日記を、アイコンマンガ形式で更新しています。 お気軽に、トラックバック・コメント・リンクして下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20060320025004.jpg
「今回もやはり、前の回でテーマと結論が出ていたので、あまり真新しいテーマを発見できなかった」
「ですから今回は、主にリアルタイム風味の感想などを述べたいと思います」
「普段あたしらが、アニメ見る時に何を思いながら見てるのかわかると思う」



本編がはじまる
「なんか『ファーストキャンセル』とか言ってるぞ」
「多分、訓練中止の意味だと思いますよ」
「最初とか、前回のシーン流してたし、
多分、前回未見の人でも解るように工夫したんだな、この辺は」

「つまり、訓練中止の描写は、単に訓練中止を描写したかったわけでなく天候が悪くなって、訓練さえできない状態なのを表現するために描写したんですね」
「前回見てれば、天候の悪化は二つ玉だかなんだかが原因と、解ってるからな」


本郷『おまえはいつもどんな目で空を見ている。ヘリパイの目で見ているか?』
「今回、新たなテーマは、この言葉が象徴してそうですね」
「問題は、全体のテーマとの関連性なのだが」

『一蓮托生になる判断の難しさ』というのが前回のメインテーマでしたよね?」
「関連性が思いつかねえなぁ。
多分、普段から仕事人間なヤツなら、訓練でなくともイメトレができるとか、成果を出すチャンスがあるとか、言ってるのだと思うが、メインテーマとどう結びついてるのか・・・・・」
「そう言う私達も、普通とは違った目でアニメを見てる気がしますね」

『おまえはいつもどんな目でアニメを見ている。アニオタの目で見ているか?』
「なんか、イヤな目ですね」


『これから穂高岳山荘へ向かい救助を待ちます』
「やはり、山小屋へ引き返すんですね」

「まあ、天候が悪くならないと、自衛隊も活躍できないだろ
「パーティーリーダーの家族に連絡行きましたね」

「物語の生け贄の価値を高めるのに役立ってるよな」
「何だか酷い言いようですね」

「言い方をかえれば、遭難者に死んで欲しくないと思わせる要素だよな。
これが有るのと無いのとでは、遭難者へ向ける視線がまた違って見えるかもしれん」
「確かに、こういうのが、ちゃんと描写できてるか否かで、感情移入に差が出ますよね」

『切符4枚、松本までの切符・・・・』
「何か、足を負傷した人が妙な事を口走ってますよ」
「登山する前の楽しい時間を思ってるんだな。
現状を受け入れられないんだろう」

「何か、耳から血が出てるようですね」
「転落した時に、脳内も負傷してたのか?
それでうわごとを言ってるのか・・・・
どちらにせよ、かなり危険な状態だな」

『おかしいな。とっくに着いて良い頃なのに』
「あれ、お前ら山小屋に引き返したんじゃないの?」

迷ったとか言ってますよ」
「あらら、ヘリ行っちゃいましたね」
「舞台がかわって、内田パートだな」
「こうやって、仕事人間になってくのね内田。
それでめぐみっちと疎遠になっていくのか?」

「と言うより、めぐみさんの方が日常的に仕事を意識した目をしてますね
「なるほど、内田との対比か」

「内田さん、ダメな例の役ばかりですね」
「舞台が登山パーティーに戻ったな」
「うわっ、逝ったかタケダ」
「リーダーの方も、極限状態ですよね」

隣に凍った人間いる吹雪のなか、ひとりで待たなきゃならないからな。
かなり気が滅入るな」
「んっ?
こいつらはさっきの山小屋に引き返そうとして、迷ったふたりか?」
「『もうダメだ』とか言ってますよ」
「え~いっ、流れてる音楽がまた、切なさを高めるぜ」
「ここに来てやっと、自衛隊が動き出しましたね」
「今度はめぐみっちが、電車通勤してるシーンになったな」

わざわざ、電車に乗ってるシーンからうつすのを見るたびに、
電車でトラブルが起こるのかと勘ぐってしまうよ
「トラブルと言いますと?」
「・・・・・・・・痴漢に遭うとか?」
「それはあり得ないでしょう。テーマと関連ありませんから」
「エロアニメの見過ぎなのかなぁ」

『今何か見えました。2時方向、赤い布地のような物です』
「迷った方のふたりかっ!」
「リーダー達を残して、先に引き上げたのに、ダメだったんですね・・・・・」
「負傷者救出の成否が問題だと思ってたのに」

「しかし、テーマが『一蓮托生になる判断の難しさ』ですから、こうなることは予想できましたよ」

あの時、ヘリが見つけていれば・・・・・・・

と、思わせるシナリオ運びですよね

めぐみ『おそらく、トラウトのファンです』
「いっぽう、めぐみっちの『日常的に仕事を意識した目』が、実を結びつつあるな」

「でも、その『日常的に仕事を意識した目』が、登山パーティーでは何をさすのか見あたらないですよね」
「メインテーマとの関連性が理解できれば、その辺も分析できるんだろうが・・・・・
正直わからん」

内田『要救助者一名を発見。生きています』
「また、流れてる音楽が良いですよね」

「『一蓮托生になる判断の難しさ』というテーマで、その判断をした本人だけが生き残るとは、なんたる皮肉







本郷『いったん、離脱する』

工工エエェェ(゚ロ゚;)ェェエエ工工

『本郷さーん!』

一瞬無音になり、もの悲しい目をする要救助者
そして、切ない音楽が流れはじめる」
「また、演出が憎いですねぇ」
「あの目を見たら、誰でも『もう一度行かせて欲しい』と言うだろうな」

「ここでも、『一蓮托生になる判断の難しさ』というテーマが突きつけられました」

そのテーマから、こうなる事態は予想できたはずだが・・・・・・・・・・・・」

嫌すぎるストーリー展開ですよね」

「多分今後、判断が正しかったのかどうか解らなくさせる展開に持ってくだろうから
いったん退いても上手くいったとなるより、『あの時のうちに引き上げてればもしかしたら』といった展開になるのが、ストーリー展開上必然になるなぁ」

「しかし、正直ここまで最悪のシナリオに突入するとは・・・・・・」
「脚本が悪いって意味じゃないからね。
登場人物にとって最悪の思いをする結果っていう意味だから」
「なんとも容赦ないストーリー展開です」
「単に、見つけられなかったより、きつい話だからなぁ」

『天候はさらに悪化するらしい。ミッション中止。前進基地にて待機』
「ああぁあぁぁぁ」

「これでは、めぐみさんが手柄を立ててもクリスマスになっても、素直に祝えませんよね
予想できたが、予想してなかった展開だ
「次回は、嫌な気分のまま終わらせるとは思えませんので、
そう言った意味では、どのように終わらせるのか、楽しみではあります」
「しかし次回、予想できる悲劇は見たい気はしないわけで」


「関連記事です」
よみがえる空/Rescue Wings 第10話 「パーティー」
よみがえる空/Rescue Wings 第09話 「少年の旅路(後編)」
よみがえる空/Rescue Wings 第08話 「少年の旅路(前編)」
よみがえる空/Rescue Wings 第07話 「Bright Side of Life(後編)」」
よみがえる空/Rescue Wings 第06話 「Bright Side of Life(前編)」
よみがえる空/Rescue Wings 第05話 「必要なこと」
よみがえる空/Rescue Wings 第03話 「苦しい仕事」
「こっちが『よみがえる空』の脚本家、水上清資が関わった作品の記事」
光と水のダフネ
ちっちゃな雪使いシュガー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ
TBありがとうございます。
確かに次回どのように終わらせるかが気になるところですね。
2006/03/24(金) 02:03:45 | 黒都 眞 | #-[ 編集]
>黒都 眞様
強引にTBしてしまって、申し訳ありません。


>次回どのように終わらせるかが気になるところですね

予想では、時間的にハッピーな展開に持ってくのは難しいので、鬱のまま頑張れ的な終わり方になると思います。
2006/03/24(金) 03:17:54 | 清造 | #-[ 編集]
感服しました
 テーマ性をしっかり見据えた視聴の仕方に驚いちゃいました。ここまで考えて見てない自分が情けないです。お二人の観点はアニオタの目以上ですね~。
 個人的には助けを期待する側にはいたらつらいだろうなぁとかそんな事ばっかり考えてました。
 次回では最悪の事態になるんでしょうけど、それを乗り越えられるだけの精神を内田さんが持っていられるかどうかが気になるとこですね。
 でわでわ。
2006/03/24(金) 21:01:00 | 妹子@むにゅ | #mYbggkm6[ 編集]
>妹子@むにゅ様
>お二人の観点はアニオタの目以上ですね~。

実は、友人より「アニオタ違う」と言われました。
友人は、私が「アニキャラに命かけるくらい」しなければ認めてくれないらしいです。
まあ、無理に認定されたいとも思いませんけどね。


>それを乗り越えられるだけの精神を内田さんが持っていられるかどうかが気になるとこですね。

多分、本郷かめぐみが励ますんじゃないでしょうかね。
2006/03/25(土) 09:58:17 | 清造 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。