2006/01/25からの
ユニークアクセス数

アニメ生活

アニメのレビューや日記を、アイコンマンガ形式で更新しています。 お気軽に、トラックバック・コメント・リンクして下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「地獄を見た」
「普通のオタクさんの部屋が天国に見えますね」
「オタクは普通じゃないがな」
[いぬかみっ! 第17話 「なんか見えてるっ!」]の続きを読む
スポンサーサイト
「もう、わけわかんねぇの洪水。納得のいく説明はシリーズが終わるまでにされるんだろうな?」
「ドミヌーラさんの時のように、『ような気がする』程度の説明しかされなさそうです」
「今回は絵が微妙なところが多かったな」
「DVDに期待ですね」
「まっ、若い頃のアリシアを堪能したから良しとするか」
「その言い方はちょっと。
初々しいとか言って下さいよ」
「久しぶりにユズハさんが出てきましたね」
「というか、エルルゥ大活躍?」
「今回、エルルゥさんの言葉が胸を打ちます」
「今回は、チカルさんが大活躍でしたね」
「そ~かな~?」

「では、『いつもより』大活躍ということで」
「海ですね」
「アニオタにとっちゃ、アニメの見れない場所は無味乾燥なだけさ」

「というか、寧ろ悲しくなるね」
「アニメの中だけでも海を楽しみましょう」
「また、最初に致命的なシーンもってきやがって、こんちくしょう」
「結構進めてから見たんですけどねぇ」
「最初、ネタバレシーンだったから、すぐ見るの中断して、
ゲームの目明かし編を先に終わらせたよ~」

「アーエルよりイタイキャラだと思われたら、負けかなと思っている」

「あなたの場合は、『イタイキャラと思われなかったら、負けかなと思っている』じゃないですか?」
「正直、パライエッタがあそこまでイタイキャラになるとは、数話前まで思わなかったよ」
「前期の映像が多かったが、感動した」
「見たところまだ、代わりのゴンドラが登場してませんが、
来週、どうなるんでしょうね?」

「ハクオロが、アグレッシブオヤジにときめいちゃってるよ」

「ふたりだけの世界に入っちゃってましたね」

「行き過ぎた、SMプレイは良くないと思うんだ」
「カルメンって、そんなに認知されてないのか?」
「知ってるんですか?」
「あたしを、雷電か何かと勘違いしてないか?」
「知らないんですねぇ」

「『一人、また一人』って、ヘタレの数のことかー?」

「多分アレは、パライエッタさんを白い目で見る人の数の事ですよ」
「今回を見ますと、アキラさんの声はハマリ役な気がします」
「髪型変わるだけで、印象も大分かわるなぁ」
「アルさんは子供の頃から、何も変わったところが無かったみたいですね」
「あれで、年上だったのかよ」
「また、えらく濃い絵だなぁ」
「絵が崩れたと言うよりは、絵柄が変わったと言ったところです」
「ミイラ取りがミイラになった感じだよなぁ」
「隣室の水島さんたちのように、ちょくちょく発生する事態なんでしょうか?」

「起こるね。もうヒカリが襲われるのはお約束だから
「残ってるキャラが、みんな鬱ってて、こっちも滅入るな」

「というか、いきなり『トライエッジ』とか出てきましたね」
「というか、いつの間に逃げたの?オーヴァン」
「うほっ、マジホームレスになってやんの」
「というか、前回でケイさんも資産なくなってしまったんですよね」
「呪い解けた分、ケイの方が啓太よりマシなのかね」
「暇潰し編、はえーよ」
「解までの時間は、あまりないようですね」
「解に行く前の、謎を吟味する楽しみが・・・・・」

いつになったら、アリシアさんの着替えシーンが見られるのかと、
今や遅しと待ちかまえる今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか」
「どうも、設定女性とは思えないセリフを毎回ありがとうございます」
「今更だが、このアニメってギャグものじゃなくて、恋愛ものだったんだな」
「大筋が恋愛で、ギャグで肉付けといったところですね」
「どんどんヘタレに成ってくなぁ、ハクオロ」
「ヘタレじゃないのはもうベナウィさんくらいですねぇ」
「ナギサとヒカリで、ケースが違うんだな」
「本命、対抗、大穴。
ナギサさんの場合は、Aコーナーは本命がトップ。
ヒカリさんは対抗馬が先といったところですね」
「そうなると、
ナギサの本命はかなりレースを経験したベテランという事になるかな」

「さて、どこのコーナーでゴールになるんでしょうね?」
「まあ結局ネットゲーは、ゲームを遊ぶよりも、人と遊ぶものなんだってことかな」
「つまらないゲームは、人がいたってつまらないんですけどね」
「なるほど、犬神使い流の戦い方ね」

「私には裸王としての戦い方に見えましたが」

「今回、一番の変態は啓太だったな」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。