2006/01/25からの
ユニークアクセス数

アニメ生活

アニメのレビューや日記を、アイコンマンガ形式で更新しています。 お気軽に、トラックバック・コメント・リンクして下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あら、シムーンはレビュー断念したのではなかったのですか?」

「うんまあ、相変わらず何を表現したいのかさっぱりな作品なんだが、
それでも今週のはツッコミを入れずにはおれないほどネタに満ちていたんだ」
[シムーン 第13話 「理(ことわり)」]の続きを読む
スポンサーサイト
「オープニングの間、子供達が自分ルールで遊んでるシーンばかりだったな」
「次に来る、アリスさんの自分ルールが、
奇異に見えるのを和らげる効果がありますね」
「実に丁寧な作りだ」

「男同士がお手々つないで『やらないか』なんてやってても、
全然嬉しくないんだよーっっ!!」
「『やらないか』はなかったと思いますが」
「ちょっ・・おま・・・
深手とかの問題じゃないだろ。明らかにおかしいだろ?

「あれで、死んだモノと思う方もどうかしてますよねぇ」
「というか、向こうにいた時から、マスクドだったんだな」
「前回の次回予告で、あんなに思わせぶりだったのに、
結局タマオ普通に帰ってきたし」
「まあ、あれは良いフェイクだったんじゃないでしょうか」
「いやね。結局、他に誇示できなければ、どんなアイテムを持っていても意味がないんだよね」
「お宝をひとりじめっていう考えに到るのは、短絡的すぎますよね」
「筋肉と気合いで服破くのを久しぶりに見たよ」
「北斗の拳でございますな」

「裸王もいるしな」
「執事はやっぱり、セバスチャンなんですね、セバスチャンさん」
「しょーがないっちゃ、しょうがないんだけど、
アニメのFateと音楽が似ちゃうよなぁ」
「『祟殺し編』は5話編成なんですね」
「今期は『暇つぶし編』は含まずか」
「それでも、やっぱり詰め込み過ぎですよね」
「今回、さり気なく、ハルヒさんやバンドのメンバーとニアミスをしています」
「芸が細かい。
その芸の細かさや、それを紹介する事にたいして、
『だからどうした』と言われるとそれまでだが、その芸の細かかったところを紹介しようと思う」
「まあ、自己満足なんでしょうね」
「この物語の方向性がイマイチわからない」
「まっ、ギャルが増えるのは良いことだけどな」
「前回、あんなに頑張ったのに、あまり酬われてないなナギサ」
「ナギサさんが漁をするところが見たかったですねー」
「ホントに見たいか?」
「なんだか、良くわからんうちに、勝ったな」
「というより、黄金の人が負けた理由がわかりません」
「結局、法具は量より質だったってことか?」
「可愛い作画も結構あったんだけどね」
「いまいちな作画も結構ありましたね」
「というか、我々視聴者が求めてるモノが今回も出なかったな」
「やっと、題名の由来が出てきましたねぇ」
「『鬼隠し編』『綿流し編』じゃ、由来関係なさそうだけど」
「そもそもひぐらしが鳴くのは、どんな頃なのかわからないとダメですよね」
「それより、今回のこのシーンは、もう少し余韻たっぷりにやって欲しかったね」
「銀英伝のパロか。
ガンネタやヤマトネタ、日本海海戦ネタもあるな」
「音楽とその演出が良かったですね」
「それにしても、ハルヒの中の人の演技は、相変わらず上手いな」
「まあ、同じ系統のギャグが続きすぎて飽きたりしちゃうところがあるのが、
『ぽか~ん』の欠点だよなぁ」
「話をまとめるのより、キャラの個性や日常を描いてる感じですよね」
「ネタを15分で終わらせてるところは、ぽか~んの方針に合ってるよな」

「もっと、短い時間でも良さそうですけどね」
「最近、シズマの目で殺すがなくなったな」
「繰り返しギャグには使えそうにはありませんからねー」
「ギャグだったんだー」

「ストロベリーパニックそのものからして、ギャグじゃないんですか?」
「へ~、イリヤってまだ出番があったんだ」

「一言も喋りませんでしたけどね」

「沙都子の変わりようより、圭一が吹っ飛びすぎなのが正直気になった
「う~ん、こういうところはリアルに描写しないとダメですよねぇ。
ドラゴンボールや聖闘士聖夜じゃないんですから」

「なに、この囚われのお姫様じゃなくて、王子様?」

「直毘さんも、SMプレイに勤しむ変態振りをカミングアウトしましたね」

(ここでは大抵の男性キャラが変態にされるのでございますなぁ)
「変態出てこなかったな」
「物足りないなんて、思っちゃいけませんよ」
「ましてや、まるで『いぬかみっ!』じゃないようだなんて思ってもいけない」
「就職活動なんですが、履歴書と職務経歴書を書かなければなりません」
「えーっと、履歴書・職務経歴書の書き方はっと・・・・・『やる気』や『能力』をアピールすべしか・・・・・・」
「今回のARIAは凄かったですねー。
死体運送屋さんとアカリさんが、その死体をさらし者にして、民衆に恐怖を植え付けてるんですよ」
「なるほど、街の結束を維持するためにも、ああいった残酷儀式が行われてたんだな」
「喫茶店の店員さんが、サラダをおまけしてくれるわけです」
「秘密を暴こうとした、アイカとアリスはオヤシロ様に祟られることに・・・・・・」
「ネオ・ヴェネツィアって雛見沢村だったんですねー」
「朝倉、血の気多すぎ。
もっと、他の手は浮かばなかったのか?」
「ハルヒさんに真相を明かすという考えは浮かばなかったようですね」
「もしかして、今後に代わりのバックアップ要員が派遣されるのかな?」
「当初思っていたより、この頃の作画が安定していて良いですねー」
「いや~、ヤヤが一番のお気に入りだなぁ」
「アイスピックとか、『ですぅ』の人ですよー」
「一番、色気があるよな」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。