2006/01/25からの
ユニークアクセス数

アニメ生活

アニメのレビューや日記を、アイコンマンガ形式で更新しています。 お気軽に、トラックバック・コメント・リンクして下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ことをこじらせたのはアルルゥだよな?」
「命令なしに斬りつけた兵士の方が悪いですよ」
「あの兵士の引き渡し要求だけで良かったんじゃないか?

というか、いつの間にあの虎の子供に名前ついてんのさ」
[うたわれるもの 第04話 「戻れぬ道」]の続きを読む
スポンサーサイト
「いや~、ひぐらしを見た後だから、この作品の主人公の声聞くのが怖かったんだけど」
「今回は出番がありませんでしたね」
「しかもひぐらしを連想させるセリフもなかったし」
「というか、ストロベリーパニックの話をしましょう」
「うわっ、やっべぇ予約録画失敗だよー」
「しかも、DVDレコーダーの方も予約を忘れてました」
「しかしまあ、それでも最初の1~2分程度を録り逃しただけだから、セーフと言ったところか」

前回までのセイバーの強さが嘘のようだな
「というか、今回の例外的な展開は、
意表をつくというより、既に少年マンガのパロディを思わせます」
「アウラの名が出てきました」
「前作見てないヤツには親切じゃないよな」
「まだまだシリーズは長そうですから大丈夫でしょう」

中原麻衣怖すぎっっっ!!

「中原麻衣さん、とても演技とは思えないほど迫真の演技でしたよね」

レナのイメージぴったりというより、それ以上
「この作品の楽しみ方のひとつは、あれこれ考え推理しながら、というのもあると思います」
「ということで、あたしらもあれこれ考えたり推理したりしてみたいと思う」
「いつも楽観的なアカリが珍しくあおくなってたな」
「郵便マークって、全国共通なんでしょうかね」

「まあ、あたし的今回の見所は松来未祐の花嫁先生でなく、正装した晃だな
「へー、世界の命運ってハルヒにかかってたんだ」

「SOS団は、ハルヒさんから世界を守るための集団だったんですね」
「花の話は伏線なんでしょうね、きっと」
「ありゃあ、肥料か?」

ここまで人の役に立つ主人公も珍しいですよね
「結局、今回もかりんを吸血鬼にする方法が明かされないのか」
「この分ですと、かりんさんの舌が馬鹿になるエピソードはなさそうですよね」

「それにしても、普段は頭下げないキャラが、頭下げると威力あるなぁ
「あたしも我慢できなくなって、ひぐらしのゲームやったよ」
「アニメ第3話を見る前に鬼隠し編を終わらせてました」
「デジタル放送はプロテクトがあるから、アナログ優先で録画するか」
「デジタル放送のプロテクトは、録画禁止と『コピーワンス』というデータの移動が一度だけできるプロテクトとあります。
現在は、この『コピーワンス』が殆どみたいですね」
「この死ムーンのレビューを断念した理由は、
その特殊過ぎる世界観と、キャラの特徴や感情が解るエピソードを殆ど描いていないところです」
「こういった点は、感情移入の妨げになり、共感したり感動したり、一喜一憂したりすることが出来なくなるんだ」

ノームの求人情報ない?

遠い未来にならあるんじゃないですか
「ふっふっふっ。これでお嬢さんゲットとは、チョロいぜ」

「ハルヒって、変人じゃなくて、犯罪者だったんだな


キョン「電気やでも襲うつもりか?」
ハルヒ「まさか。もっと手近なところよ」

襲う事は否定してないんですね
「どうやら、毎回、2度はキス未遂が発生する構成になってるようですね」
「2話目にして、絵がヤバイところが出てきたな」

「さあ、いきなり総スカンを食らった、チャングムの夢 第2回。
まさか、ここまでレビュー書く人がいないとは」
「この作品には、王の護衛をするミン・ジョンホさんや、王宮の警備をするチャン・スロさんという、如何にもな男性がいるんですが、
今回活躍したのは、見た目からしてアウトオブ眼中そうなトンイさんでした」
「今回、新オープニングになりましたね」
「もう退場しちゃったキャラまでいるなぁ」
「放映終了した作品記事へのインデックス記事です」
「過去の記事にアクセスしたい時に利用してね」



今作も、ネットワークゲームであるという事をテーマにしている
「MMORPGですね。
このゲームが単なるRPGと違う点、ネットワークゲームであるということ。
それはつまり、人と一緒に遊ぶという点が最大の特徴です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。